手つかずの自然と、海に囲まれた小さな島々、ソロモン諸島。
そんなソロモン諸島の基本的な情報をわかりやすくまとめ、紹介しているサイトです。

ソロモン諸島について

「ソロモン」と言う名は、ソロモンの秘宝伝説にまつわり「素晴らしいもの、光を放っているもの」を表す言葉として、テレビなどでよく使われています。ソロモン諸島を知らなくても「ソロモン」と言う言葉は、一度は聞いた事があると言う人が多いのでしょうか。「ソロモンの指輪」に「ソロモンの秘宝」、「ソロモンの鍵」など、ソロモンに響きには、トレジャーな雰囲気やドキドキわくわくを秘めた響きがあるようで、ゲームの世界の謎解きやアクションパズル、さらに映画タイトルでも使われています。

実際のソロモン諸島(ソロモンしょとう)の名付け親は、探検家。「古代イスラエルのソロモン王の宝だ。」とソロモン諸島で発見された砂金を見て探検家が考え、「ソロモン諸島」と名付けられたようです。このソロモン諸島は、南太平洋のメラネシアにある大小1000以上から構成される島嶼群で、主となる島は、ガダルカナル島です。第2次世界大戦について学んだことがある人なら、名前は知っているはずです。
美しい自然と海、そして青い空の下にあるソロモン。今では第2次世界大戦の爪痕がダイビングスポットになっていますが、ダイビングをキッカケに、ソロモンでの大戦について、一度考えてみてもいいのかもしれません。

ソロモン諸島は、オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東、ソロモン海と南太平洋の間に位置しています。北にはナウル、東にはツバル、南東にはフィジー、南にはバヌアツがあり、イギリス連邦の一員にして英連邦王国の一国となっています。首都は、ガダルカナルにある、ホニアラという都市です。

現在、日本からソロモン諸島への直行便は運行されていませんが、成田から乗り継ぎをし、9時間程度で行くことができるようです。


おすすめリンク


千葉の探偵事務所千葉県の調査は、こちらの探偵事務所がおすすめです。